Background Image

AppleWatch や iPhoneをリセットなどしてしまいSuicaが再登録できない場合

Home  /  スタッフブログ  /  AppleWatch や iPhoneをリセットなどしてしまいSuicaが再登録できない場合

AppleWatch や iPhoneをリセットなどしてしまいSuicaが再登録できない場合

1月 25, 2017      In スタッフブログ No Comments

こんにちは、今回はiPhone6をリセットしてしまいAppleWatchにのみSuicaが残った場合を書きたいと思います。
通常は、iPhoneのウオッチアプリのWalletとApplePayからSuicaを削除してからですと
再追加(残高も残ります)できるのですが、iPhoneやウオッチが誤動作でリセットせざる得ない場合は、下記の方法で復旧できます。 ←自信がないので自己責任で…

ただし、無記名式は残高が無くなるそうですのでお気を付けください。
*削除した場合、再追加が不正防止のためなのか、24時間以降でないとできないみたいです?

まずブラウザ、できればパソコンからhttps://www.icloud.com にアクセスします。

パソコンがない場合は、試してないですが、iPhoneからアクセス後、パソコン画面に切り替えるため
下の方の真ん中にある□に上矢印のアイコンを押し、コピー、プリント…とか出てくる
画面を左に動かすと出てくる、「デスクトップ用サイトを表示」を押してください。
あとは、iPhoneを縦や横にしたりしてやってみてくださいね。 できなかったらすいません…

ログインしましたら「設定」を押します。

その後マイデバイスから、今回の場合はアップルウオッチを選択します。

My Suicaと書いてある下に削除がありますのでクリックします。

確認後削除を押します。

あとは、iPhoneのウオッチアプリからSuicaを追加してください。
ウオッチとペアリングが切れている場合は、再ペアリング後に行ってください。
iPhoneをリセットした場合は、ウオッチもリセットしないと追加できない場合があります。

*不安な場合は、ウオッチにSuicaが残ってて残高表示する場合、利用できる場合がありますので、
コンビニや自販機などで全て使ってしまった方がよいです。

わからないときは、Appleサポートに聞いてみてくださいね。
あくまで参考資料なので自己責任にてお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。